OVERVIEW

RJC カー オブ ザ イヤー最優秀賞に輝くなど、
大好評のエクリプス クロスの
クリーンディーゼル搭載モデルをご紹介!
元雑誌「NAVI」の編集者で、
バラエティ自動車ジャーナリストの小沢 コージさんに
今回の試乗体験を余すことなく、語っていただきました。

プロフィール紹介PROFILE

小沢コージ

神奈川県横浜市出身。
大学卒業後、出版社に就職。約3年間にわたり自動車雑誌「NAVI」の編集に携わる。
退社後、フリーとなりモータージャーナリストとして活躍。
様々なテレビ番組などに出演、多数の自動車雑誌に連載を持つなど
「バラエティ自動車ジャーナリスト」と呼ばれる。

日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

ECLIPSE CROSS
クリーンディーゼルの特長FEATURES

日本製ディーゼルSUVは選択肢が限られていた。
そんな中登場した国産ディーゼルSUVが、今回の「エクリプス クロス クリーンディーゼル」だ。
エクリプス クロスは去年登場した注目のクロスオーバーSUVで、
発表年にグッドデザイン賞を獲得するなど、エッジの効いたオトコ前なデザインと、見た目以上の車内の使い勝手が自慢。
その上、クリーンディーゼル技術を自慢とする三菱の自信作だけに、満を持しての登場である。

画像

POINT 1 ガソリンモデルと
比べてパワフルかつ低燃費

エンジンは2.2L直4ディーゼルターボを最適化させて搭載。
尿素SCRシステムという、新世代の排気ガス浄化システムを備え、動力性能と環境性能を両立。
最高出力107kW/3500rpm、最大トルク380N・m/2000rpmで、既存の1.5Lガソリンターボと出力はほぼ同等ながらトルクは約1.6倍!
それでいてJC08モード燃費はガソリンモデルよりも上回っている。
よりパワフルな上、燃費もいいのだ。

画像

POINT 2 ディーゼルの魅力を増幅してくれる
8速スポーツモードA/T

エクリプス クロス ディーゼルは8速スポーツモードA/Tを採用。
おかげでギア比がワイドレンジ化と同時にクロスレシオ化もされていて、豊かな加速性能を余すことなく発揮でき、その上高速燃費まで伸びるのだ。
ちなみに外観はリヤにディーゼル直噴エンジンを示すDI-Dのエンブレムが付いている以外はガソリンモデルと大きくは変わらない。

画像

POINT 3 重量増もS-AWCで何のその。
しっとり重厚なディーゼルの乗り味

そもそもボディ剛性が高いエクリプス クロス。
ディーゼル化による重量増が多少加速に影響するかな?と思ったがトルクの増強で全く感じず、逆にしっとりとした重厚感に繋がっている。
さらに三菱自慢の四輪統合制御技術S-AWCの自然な効き具合。
三菱が鍛えた4WD技術で、タイトなヘアピンコーナーでも曲げにくさは一切なく、乗っているととても車重1.6トン台のSUVとは思えないコントロール性だ。

試乗申し込みはこちら別タブ

ECLIPSE CROSS
クリーンディーゼル 試乗動画公開MOVIE

MORE CONTENTS