2019年次RJCカーオブザイヤー受賞 / PERFORMANCE

RJC選考委員が語る、
2019年次RJCカーオブザイヤー最優秀賞を
受賞したエクリプス クロスの魅力

エクリプス クロスが2019年次RJCカーオブザイヤー最優秀賞を受賞!
スタイリッシュなクーペスタイルのSUVというだけではなく、
三菱自動車独自の「S-AWC」をはじめとした高い走行性能が評価されました。
RJC(日本自動車研究者ジャーナリスト会議)選考委員によるエクリプス クロスの評価理由をご紹介します。

華やかなコンパクトSUVでありながら、俊敏でよく曲がる。

エクリプス クロスを最初に見たときの印象は、「とても華やかなコンパクトSUV」というものだった。美しいクーペスタイルのデザインが特徴的で、斜め後方から見るとルーフからリヤウインドウへの連続感が特に美しい。リヤコンビランプをつなぐガーニッシュもリヤデザインの特徴で存在感が際立っていた。ダウンサイジングの1.5L直噴ターボエンジンは、NA(ノンターボ)の2Lクラス以上のトルクを発揮していて、とてもパワフルな印象。駆動方式はFFと三菱得意の「S-AWC」を設定し、ラフロードでも高いハンドリング性能を見せる。グラベルのテストコースで実力を試すとアクセル全開のまま、素早くスラロームをこなすことができるほどの俊敏性を持つことに感心した。「S-AWC」が適切な駆動力を配分すると同時に、左右のタイヤの駆動と制動も制御するためよく曲がるのである。

「走る楽しさ」を誰にでもわかるように仕立てた。それが高評価の理由。

従来あるプラットフォームをベースにしているが、それを大改良して熟成させて、三菱が持っている「S-AWC」の魅力をすごくわかりやすく、誰でも楽しめる車に仕立てたところが評価に値する。また、これからの新しい三菱の走りの味、楽しさみたいなものも表現されているし、「走る楽しさはこういうものだ」ということを多くの人のものになるように仕上げたこと、それが評価に値して高得点になったのだと思う。「S-AWC」には運転する人の技量的、定量的な数字にできないところが作り込まれていて、職人技のような要素も感じる。誰が乗っても運転を楽しめると言うと、車が勝手に走ってくれるように聞こえるが、こういう運転をすると楽しくなるよとクルマが教えてくれる、クルマと対話しているようで非常に魅力的に感じる。

自分にフィットしたお気に入りのウェアを着たような心地よい一体感。

欲張ったクルマである。走れば走るほど、そう感じる。外観からは、多くある普通のSUVにも見えるが、その走破性能は、ジープやパジェロなどで鍛えた強みがある。にもかかわらず乗り心地や静粛性などの快適性は、高級車のそれに匹敵する。さらに、スポーツカーに相通じる軽快さも備えもっている点も高く評価できる。だから大切な家族との長距離ドライブはもちろんのこと、走りに熱いクルマ好きにも相性がいい。1.5Lながらターボの装着により、NA(ノンターボ)エンジンだったら、3Lの総排気量に近い力強さがあるのも見逃せない。「S-AWC」を装備した4WD仕様がお薦めの本命だが、リーズナブルなFF仕様も雪に縁のない都会派には、魅力の存在である。エクリプス クロスには、自分にフィットしたお気に入りウェアを着たような心地よい一体感がある。

「S-AWC」のおかげで、どんな道も不安なく走行できる。

これまでの三菱車には見られない、スタイリッシュなクーペスタイルのSUVと言う印象だ。乗る前からキビキビとした走りを予感させてくれる。実際、新開発の1.5Lの直噴ターボエンジンは、アクセルレスポンスもよく、軽快なハンドリングは思った通りのラインをトレースしてくれる。4駆乗りを自称する人でも曲がりくねった泥濘地や雪道では、アクセルワークやブレーキングに気を使うのが一般的だが、この車の最大の特長は、自分が進みたい方向にハンドルを切って、そのままアクセルを踏んでいれば、クルマが自分でトルク配分やブレーキングをしてくれるので、不安なく走行できる点にある。これは「S-AWC」のおかげである。加えて衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報等の先進安全装備も充実しているし、ロングドライブの時には欠かせないレーダークルーズコントロールも装備されているので、前を走る車の加速や減速、停止に自動追従してくれる。運転疲労をかなり軽減してくれるのもありがたい。

三菱DNAが凝縮。リニアなハンドリングと優れた走行安定性。

まずはスタイリングをほめたい。SUVらしい力強さにクーペのような伸びやかさがうまく表現されているが、全長4,405㎜、全高1,685㎜というボディサイズではむずかしいことだ。リヤワイパーをルーフスポイラーで隠すなど、細かな工夫も見られる。動力性能にしても、まったく不満はない。新開発の直噴ターボエンジンはトルクフルでレスポンスが良く、スポーティにセッティングされたCVTとのマッチングも抜群。1500㎏ほどの決して軽くはない車重だが,軽快にさえ感じさせてくれた。だが、このクルマの真骨頂はリニアなハンドリングと優れた走行安定性にある。ランサーエボリューションなどで磨かれた独自の電子制御4WDシステム「S-AWC」と高いボディ剛性が相まって、様々な条件下で意のままのドライビングが楽しめるのだ。まさに三菱自動車が培ってきたDNAが凝縮された一台といえるだろう。

SUVとしての高い性能を持ちながら、誰にでも運転しやすい、
完成度の高いSUV。

エクリプス クロスがRJCカーオブザイヤーを受賞したのは当然だと思った。その優れた素質の原点は優れた骨格。それが堅固な車体剛性を生み、高い操安性を生むという、好ましい連鎖反応を繰り返したようだ。姿には人の好み様々だが、SUVらしい躍動感ある姿を嫌う人は少なかろう。そして乗り込めば、良くぞ広さを稼いだと感心するキャビンレイアウトである。直噴ターボ1.5ℓ・150馬力は完成度高い8速CVTで力強い走りを演出する。ハンドリングはシャープ&クイックでパドルシフト走行も楽しいが、日頃の通常走行ではパドルシフトがなくてもスポーティに走れる。そして、さすが三菱、伝統ある四駆技術でオフロードの高い踏破力も兼ね備えているのだから頼もしい。試乗後の結論は、格好良い姿、SUVとして高い性能を持ちながら誰にでも運転しやすい、と褒めすぎるほど完成度の高いSUVである。

others