redsmeets

浦和レッズの選手が
エクリプス クロスに乗ってみた!

浦和レッズサポーターが
エクリプス クロスに乗ってみた!

タイアップ企画スペシャルコンテンツ!

『エクリプス クロス』を象徴する赤、「レッドダイヤモンド」。
その赤いクルマと「浦和レッドダイヤモンズ」がタイアップ。
オフ感たっぷり!試合中には見られない選手の素顔を
ぜひチェックしてみてください!

『エクリプス クロス』を象徴する赤、「レッドダイヤモンド」。
その赤いクルマと「浦和レッドダイヤモンズ」がタイアップ。
オフ感たっぷり!試合中には見られない選手の素顔が見られます。
さらに、浦和レッズサポーターのエクリプス クロス
4WD登坂キット体験・試乗の様子もご紹介。
ぜひチェックしてみてください!

第1弾では、浦和レッズの柏木陽介選手と森脇良太選手が
『エクリプス クロス』に試乗!
浦和レッズの練習場である大原サッカー場からさいたま市内をドライブし、
『エクリプス クロス』の爽快な走りを味わっていただきました。

第2弾では、浦和レッズのマルティノス選手とマウリシオ選手が『エクリプス クロス』に試乗! 
通訳のロドリゴさんと共に3人でさいたま市内をドライブ。
エクリプス クロスのユーザーであるマルティノス選手のコメントに注目!

第3弾では、浦和レッズレディースの安藤梢選手、柴田華絵選手、長船加奈選手、佐々木繭選手が『エクリプス クロス』に試乗!
エクリプス クロスの安定感のある走りに「守られてる感がスゴイ」と、終始笑顔のドライブとなりました。

第4弾では、浦和レッズの槙野智章選手、宇賀神友弥選手が『エクリプス クロス』に試乗!
エクリプス クロスの軽快な走りを体感いただきました。
日本代表として世界と戦った槙野選手のオンとオフの切り替え方にも注目!

「ひとつの大きな挑戦を終えて、
今また自分の中で新しい挑戦が始まろうとしている」

2018年6月、4年に一度、世界中を熱狂させた国際大会でサッカー日本代表のメンバーとして戦った槙野選手。大舞台での戦いを終えた今、現在の心境と、新たなる目標について話を聞いた。テーマは『挑戦』。なぜならば、今回試乗し、撮影で使われたエクリプス クロスの新色「レッドダイヤモンド」は、過去に類をみない、緻密で手間のかかる塗装技術の実現によって生まれた、三菱自動車にとってもかつてない『挑戦』そのものを表す色だからだ。

光と陰によって様々な表情をみせてくれるエクリプス クロスの赤にインスパイアされるように、槙野選手がこれからの挑戦について語り始める。

「個人のことよりも、チーム、そしてJリーグ全体のことを考えていく。これが僕の新しい挑戦です。ロシアから帰ってきて、自分がどうなりたい、こうしたいということより日本サッカーに新しい変化をもたらしたいと思っています」

決してテレビには映らない戦い。
それが新たなる挑戦への気づきとなった。

大会を通して、今までは気づけなかったサッカーの一面を知ることができたという槙野選手。11人で戦うサッカーの試合では、ピッチに立てる選手と立てない選手がいる。つまり、スタメンとサブ。テレビにも映り、スポットライトが当たる選手と、当たらない選手がいる。しかしながら、どんな立場にあっても、チームとしてひとつになることが勝利へとつながる。

「もちろん、選手は試合に出てこそ、という思いはあります。でも、今大会は自分が試合に出られなくなった状況でも、すごくサッカーを好きになれた。新しい角度からサッカーの魅力を知ることができたんです」

これまで日本代表を牽引し、第一線で戦ってきた選手たちが控えとしてチームを支える姿を目の当たりにしたとき、槙野選手のサッカー観に変化が起こったのだという。

「だから僕は、この経験を通して、もっとサッカーを好きになることができたんです。そして、僕の大きな夢は、日本にもっとサッカー文化を根付かせていきたいということ。平日働いている人たちが、週末には必ずスタジアムに来てくれる、そんな習慣をもっと作りたいと思っていますし、テレビをつければ、サッカーのニュースや試合がいつだって放送されているようにしていきたいと思っています。サッカーをもっと日常に。サッカーの素晴らしさをみんなに届けたい。それが今、自分の原動力になっています」

“赤”は情熱。
レッドダイヤモンドというカラー。

槙野選手が所属する浦和レッドダイヤモンズのチームカラーは燃えるような赤。ホームの試合となれば、選手たちは、この赤いユニフォームに袖を通して、ピッチに立つ。

「僕にとって赤は、まとうことによってスイッチが入る、情熱の色ですね。選手の中には、プライベートではチームカラーを避ける人もいますけれど、僕は好きな色が赤なので、洋服や持ち物でも赤を選ぶことが多い。だから、今回試乗させてもらったエクリプス クロスを買うなら、この“レッドダイヤモンド”を選びます」

実際に乗ってみて、乗り心地やクルマそのものの印象はというと。

「運転していて“すごく優しい”と思いました。乗り心地の良さと運転のしやすさを同時に実感できるのはすごいことですよね。それと、運転していて新しいなと感じたのは、スピードの速度が前から出てくるシステム(ヘッドアップディスプレイ)。あとはバックモニターの映像がすごく綺麗で驚きました」

ドライブすることが大好きだと話す槙野選手に、「なぜアナタは挑戦し続けているのですか」と聞いてみた。

「何かを達成した時の自分と、何かを達成したいと思っている自分、どちらも一番輝いていることを知っているからです。僕は好きになる女性も、仲良くしたいと思う人も、皆に共通しているのは仕事や好きなことに対して100%で臨んでいる人ということなんです。初めて会う人に聞く質問ではないかもしれないけれど、“何に挑戦しているの?”とか“何を目標にしているの?”とよく聞くくらい、やっぱり何かを志している人がすごく好きなんですよね。今回の代表チームもそうでしたけれど、同じ志をもった仲間が集まり、時間を共有することは自分の成長に繋がります。あの輝いている時間がワクワクしてたまらないんです。挑戦することに対しては間違いなく挫折もありますが、失敗もある中で、挑戦し続けることの楽しさを多くの人に知ってほしいなと思いますね」

浦和レッズサポーターがエクリプス クロスで
4WD登坂キットを体験・試乗!
45度の急坂をパワフルに登るエクリプス クロスに歓声が上がりました。

RELEVANT FOOTAGE

PLAY
nightshowroom

NIGHT SHOWROOMでも、走行安定性に関してご紹介しています。

矢印
nightshowroom

NIGHT SHOWROOMでも、走行安定性に関してご紹介しています。

矢印

others